ワインをもっと身近な存在に!ワインの魅力を楽しく発信する『ソムリン』公式サイト

  • 7428

  • 649

  • 8291

15年の時を経て今がベストな飲み頃!大切な人と一緒にどうぞ。

ワイン,赤ワイン,フランス,ローヌ,シャトーヌフ・デュ・パプ,シラーシャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュ キュヴェ ヴィエイユ・ヴィーニュ

ヴィンテージ
2003年
産地
フランス・ローヌ地方
生産者
ドメーヌ・ド・ラ・シャルボニエール
ぶどう品種
グルナッシュ70%, ムールヴェードル30%
タイプ
フルボディ辛口
市場価値
7,400円

ミスターソムリン浦川

ソムリン代表。2009年星野リゾート入社、星のや京都開業メンバーとして、サービス、施設管理の全般担当。2014年ソムリエ資格を取得、同年星野リゾートを退社。Domaine Bouchonを立ち上げ、現在ワインのコンサルティングやイベント、ソムリエとして活動。

こんにちは、ソムリンの浦川です!

今回は、フランスのローヌ地方でドメーヌ・ド・ラ・シャルボニエールが造る『シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2003』のご紹介です。

名前が長い!w まず簡単に部分部分で説明していきます。

「シャトーヌフ・デュ・パプ」これが地区の名前です。意味は「法王の城」で、昔ローマ法王の居城が建てられたことからこの名前がついています。

「ルージュ」は「赤」。これは簡単ですね。

そして最後の「キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ」ですが、「キュベ」は生産者が厳選したワインを瓶詰した際によく使われる言葉です。そして「ヴィエイユ・ヴィーニュ」は古木を使ったワインという意味。だいたい樹齢は30年以上のものを指します。

つまり、シャトーヌフ・デュ・パプ地区で樹齢30年以上の木から採れたブドウで造られた赤ワインの中で厳選されたものと言う意味ですねw

シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュ キュヴェ ヴィエイユ・ヴィーニュ2003

ワインの特徴

2003年のヴィンテージだけあって、色調は煉瓦色のような茶色みがかった色合い。香りにもヴィンテージから感じられる落ち着いた深みと旨味を感じられます。もう飲みたくてたまらない・・・。香りからそう思わせるワインです。

口に含めば、熟成が進みながらも、まだしっかりと果実のフレッシュさを感じることが出来ます。そして、溢れんばかりの旨味。

このヴィンテージの2003年が素晴らしいブドウを作り出したのだということがビシビシと伝わってくるワインです!

約15年以上熟成されていながら、このフレッシュさを持ち続けているワインは今が飲み頃!ぜひ、一緒にワインを楽しみたい人に贈ってみてください。きっと素晴らしい時間を与えてくれるはずです!

お薦めのマリアージュ

ハンバーグステーキ

旨味が強く感じられるワインなので、食事にも旨味が欲しいところです。その場合、和食が合わせやすいのですが、今回は果実味もまだ十分に感じられる赤なので、肉汁たっぷりのハンバーグでいきましょう!オススメは、少し表面を焦がして香ばしさを出すこと。ワインの旨味によりマッチします!野菜を多めに入れて、ハンバーグの旨みをさらに高めるのもGoodです!

ソムリンポイント

シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュ キュヴェ ヴィエイユ・ヴィーニュ

sommelin-point_6-5

* ソムリンポイントとは?

この価格帯のワインの平均点:4.95pt

* 価格帯別平均ポイントを見る

飲み頃ですぞ!このワインをプレゼントされたら、ソムリンならすぐに開けて飲んでしまいますな!

ソムリンポイント

ソムリンの独断と偏見で付けたワインの評価ポイントです。判断基準の一つとして参考にしてください。

  • 0〜2pt:ワインは楽しみ方次第ですなー
  • 3pt:良い
  • 4pt:美味しい
  • 5pt:素晴らしい
  • 6pt:拍手
  • 7pt:記憶に残る
  • 8pt:感涙モノ
  • 9pt:歴史に残る
  • 10pt:伝説レベル

価格帯別平均ポイント

ソムリンの独断と偏見で付けたワインの評価ポイントです。判断基準の一つとして参考にしてください。

価格帯 平均Pt
500〜1,000円 1.00pt
1,001〜1,300円 1.56pt
1,301〜1,600円 1.86pt
1,601〜2,000円 2.48pt
2,001〜2,500円 2.81pt
2,501〜3,000円 3.30pt
3,001〜4,000円 3.78pt
4,001〜5,000円 4.24pt
5,001〜6,000円 4.70pt
6,001〜7,500円 4.95pt
7,501〜10,000円 6.04pt
10,000円〜 6.70pt

長い名前のワインを見ると、ワインって難しいって思う・・・。そう考える方が多いのは仕方ありません。横文字で意味のわからない呪文のように見えますよねw。

でも一つ一つの意味が分かれば、ちょっとは面白く感じてもらえるのではないかと思います。

辞書やワインの教科書を片手にワインを楽しむっていうのは難しいかもしれませんが、気になる言葉があればちょっとスマホで調べてみましょう!

それではまた次回!カンパ~い!^^

関連記事

プロも認める!旨安ブルゴーニュの白ワイン発見!!

こんにちは、ソムリンの浦川です! 今回は、フランスのブルゴーニュ地方でアンリ・ピオンが造る『ブルゴーニュ・シャルドネ2014』のご紹介です。 アンリ・ピオンの本業は、フランス国内でのワイン販売。ロマネ ...

comico「天使の溜息」第1~3話 ワイン解説 アラン・カヴァイユ クレ…

こんにちは、ソムリンの浦川です! ついにcomicoさんで「天使の溜息」がスタートしました。ここまでの道のりは長かったw 今回のワインはcomico「天使の溜息」第1〜3話で登場したワインのご紹介をし ...

気分爽快!!お風呂上りに飲みたくなるスッキリハーブ系ワイン

こんにちは、超ソムリエの小野塚です! 今回紹介するのは、スッキリ爽やかなフランス、ロワール地方の白ワイン『プティ・ブルジョワ・ソーヴィニヨン・ブラン』です。 いや~僕はこのワインを何本飲んだか分からな ...

塩漬けした薔薇の香り!?スペインの新鋭が造る鳥マークの赤ワイン

こんにちは、ソムリンの超ソムリエこと小野塚です! 本日から、「今日のソムリンセレクト」と題してソムリンがお薦めするワインを日々紹介していきたいと思います。その第一弾としてお送りするのが、スペインの新鋭 ...

元生物化学者が生み出す、旨味たっぷりビオビオワイン!

こんにちは、またまた登場。ソムリンの超ソムリエこと小野塚です! 本日は、ワインをあまり飲まれない方は聞きなれないかもしれませんが、アリゴテ種というブドウを使用したフランス・ブルゴーニュ地方の白ワインで ...