その他

お問い合わせ

個人情報保護方針

2017年も旨いはず!オススメ厳選ボジョレーヌーボー銘柄6選


今年も旨いはず!オススメ厳選ボジョレーヌーボー銘柄6選

日本で一番有名なワインイベントといえば「ボジョレーヌーボー」ですね。 ボジョレーヌーボーでワインを始めて飲むという方もかなり多いでしょう!

 < 関連記事 >
>> 【ボジョレーヌーボー速報】11月16日解禁!2017年は美味?
>> 2017年も旨いはず!オススメ厳選ボジョレーヌーボー銘柄6選
>> 「ボジョレーヌーヴォーって何?」名前の意味から製法まで解説します!
>> ボジョレー・ヌーボーは世界中で人気?日本は輸入量世界1位?

ソムリンのボジョレー解禁パーティー
>> 【11月16日ボジョレー解禁!ソムリンワイン会】with yenta!@麻布十番

簡単にボジョレーヌーボーの説明をすると、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で、ガメイというブドウ品種で醸造される赤ワインの新酒を「ボジョレーヌーボー」といいます。

赤く透き通ったルビー色が特徴的。口当たりは渋みが少なく、軽い酸味に乗って芳醇な果実の新鮮さが伝わってきます。ワイン初心者が飲み始めるにはお誂え向きな銘柄であること間違いありません!

タストヴァン

前の記事でもお伝えしましたが、今年の解禁日は11月16日です。2017年は収穫量が少ないもののぶどうの出来は上々!なんとか生産量も確保できているとのことです。

いつもの「100年に1度の最高の出来栄え!」が出るかもしれないとワクワクしておりますw

ボジョレー・ヌーボーは美味しい?

私も大学時代、ワインをそれほど飲んだことがなかったのですが、ボジョレーだけは「お祭り気分」でなぜか毎年飲んでいました!お金がないのにチーズやドライフルーツを買って、ちょっとした料理を準備した覚えがあります。

しかしね、毎回飲みながら思ったのが

「まずい」

いや~、本当にまずかったw

「これが美味しいワインなんだ!これを美味しいと思わなければいけないんだ!」そう思って飲んでましたね。当時は、、なぜこんな不味いものをありたがって飲むのかと疑問に思っていました。

まぁ美味しく思えなかったのも仕方がないです。買っていたものは学生が買えるようなボジョレーだったということもあり、なかなかきついクオリティーのものでした。ボジョレーもピンからキリまでありますからね。

これを読んでらっしゃる方の中にも、美味しくないボジョレーに苦しめられたことがある方多いんじゃないですか? 気持ちはよ~くわかります。

おすすめボジョレーヌーボー6選

ということで今回はソムリンがこれまでのテイスティング経験と2016年の結果から、絶対に外さない美味しいボジョレーヌーボーをご紹介いたします。

超人気な花柄デザインで売り上げランキングNo.1のジョルジュ デュブッフなのか?お髭が特徴的でアサヒさんが輸入しているアンリ・フェッシか?はたまたシルバーやゴールドラベルのエノテカさんが力を入れているタイユヴァンなのか?

たくさんのボジョレーヌーボーの中から、有名銘柄からマイナー銘柄まで、独断と偏見で決めさせていたソムリンセレクション6選をご紹介いたしますw

ジョセフ・ドルーアン Joseph Drouhin

Beaujolais Villages Nouveau
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

《市場価格》 3,000円

ジョセフ・ドルーアン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー Joseph Drouhin Beaujolais Villages Nouveau

ANA(全日空)で使用されているボジョレーヌーボーです!

ジョセフドルーアンはブルゴーニュでも指折りの大手メゾン。ちなみに樽でのボジョレーもありまして、なんと15L!パーティーにはぴったりです!

しかしこちらは受注生産でして、8月いっぱいで先行予約が終了しております。ちなみに価格は83000円。冷静に計算してみると15Lはワイン20本分です。つまり樽代が23000円ほどかかってますw

マルセル・ラピエール Marcel Lapierre

Beaujolais Nouveau Chateau Cambon
ボージョレ・ヌーボー シャトー・カンボン

《市場価格》 3,500円

マルセル・ラピエール ボージョレ・ヌーボー シャトー・カンボン Marcel Lapierre Beaujolais Nouveau Chateau Cambon

ボジョレーにこの人あり!ソムリンお気に入りの造り手です!

自然派の父とも呼ばれ、世界中に弟子がたくさんいらっしゃる偉大なワイン醸造家。

残念なことに2006年に他界されてますが、ご長男のマチュー氏がワイン醸造を引き継ぎ、変わらないクオリティーで世界中のファンを魅了されています。もちろんボジョレーヌーボーの人気は相変わらずで、毎年ファンによって完売してしまいます。

以前ソムリンのおすすめワインでもマルセルラピエールのワインをご紹介しているので是非チェックしてみてください!

記事はこちら → ボジョレー2014 / マルセル・ラピエール「美味しいボジョレーを貴方は知らない!偉大な巨匠の遺作ワイン!!」

フィリップ・パカレ Philippe Pacalet

Beaujolais Vin de Primeur
ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール

《市場価格》 3,800円

フィリップ・パカレ ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール Philippe Pacalet Beaujolais Vin de Primeur

先ほどご紹介した、マルセル・ラピエールの甥っ子さんです。

彼を尊敬しワイン造りを始められました。今では4大ボジョレー生産者と言われ、人気抜群の実力派なのです。

ワイン好きの方の中でもパカレは有名ですが、マルセル・ラピエールの親戚だとは知らない人も多いでしょう!ラベルがシンプルでオシャレなので「これ見たことある!」という方も多いかと。

ドメーヌ・ド・ビュイロン Domaine de BuisRond

Beaujolais Villages Nouveau
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

《市場価格》 2,680円

ドメーヌ・ド・ビュイロン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー Domaine de BuisRond Beaujolais Villages Nouveau

レストラン等、飲食店では絶大な人気。理由は価格ですね。

格上のヴィラージュがなんと税込でも3000円切っております!!安いだけじゃないです!

超有名生産者であるヴォギュエやルロワ等のもとでワイン造りを経験していたことが人気に拍車をかけています。フルーティーでエレガント。自分の大学時代にこれに出会っていたら、ボジョレーがうまいというのも納得したんではないかと^^

クリストフ・コルディエ Christophe Cordier

Beaujolais Villages Nouveau V.V.
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ

《市場価格》 4,000円

クリストフ・コルディエ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ Christophe Cordier Beaujolais Villages Nouveau V.V.

見つかるかな?かなりレア物のボジョレーヌーボー。

コルディエはボジョレーの近くの地域「マコン」の生産者で、世界中のワインガイドから高評価を受けています。

個人的には彼の白ワインをワイン初心者にぜひ飲んで欲しい!そんな彼ですが、数年前からボジョレーヌーボーを作り始めました。これがまたすごい味わい。

とにかく濃い!これ本当にボジョレーなの?と言いたくなるほどの濃さ。ちなみにこのコルディエのボジョレーは都内百貨店にしか売っていません!頑張って探して見てくださいw

ルロワ Leroy

Beaujolais Villages Primeur
ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール

《市場価格》 4,500円

ルロワ ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール Leroy Beaujolais Villages Primeur

ワイン業界でルロワの名を知らない奴は偽物です。

ルロワのワインは世界でも屈指の高級品。それだけ美味いものなのです。

そしてさすがのルロワですよ。ボジョレーヌーボーにもかかわらず、価格はどこよりも高い4500円とかなり強気なお値段!しかし4500円でルロワの味わいを感じられるなら安いかもしれません。

ちなみにこのルロワのボジョレーヌーボーは高島屋さんの独占輸入。高島屋さんのサイトではすでに予約が開始されています。

ボジョレー・ヌーボーは◯◯◯で探そう!

今回ご紹介したこの6つの生産者、本当にさすがとしか言いようがないようなボジョレーヌーボーを毎年造り出してくれます。

さて今年の2017年ボジョレーヌーボーは現段階ではかなりいい評価が来そうな予感がありますね。

彼らのボジョレーをずらりと並べて比較してみてはいかがでしょうか?

2016年ボジョレーヌーボー

え?「どこで買えばいいのか?」

みなさんのお声が聞こえてきます。

さすがにスーパーやコンビニでは販売してませんね。もちろんお近くのワインショップやワイン専門店、デパートなどで探してもらえればいいですが、ここ最近はネットで探せばなんでも出てきますよw楽天市場やyahooショッピングなどw

「え?ネット?」

そんな声が聞こえてきますが、ネットが色々便利なんですよ。先の紹介でもあったようにその辺の酒屋やコンビニ、スーパーでは手に入らないものが意外と多いんです。ネットで買ったほうがいろんなものが手に入ります。

あともう1つ、ボジョレー・ヌーボーは空輸され、お店に到着するのも11月16日ギリギリとなります。ワインがお店での保管状態で大きく左右される事が考えにくいので、ネットでも実店舗でも商品があるところで買う方が手っ取り早く確実なのです。

最近は先行予約や先行割引もたくさんやってますからね。もし解禁日にお飲みになりたいのであれば、今のうちのぜひ予約されてはいかがですか?

ぜひ2017年ボジョレーヌーボーもお楽しみ下さい。

カンパ~い!

ソムリンのボジョレー解禁パーティー
>> 【11月16日ボジョレー解禁!ソムリンワイン会】with yenta!@麻布十番

 < 関連記事 >
>> 【ボジョレーヌーボー速報】11月16日解禁!2017年は美味?
>> 2017年も旨いはず!オススメ厳選ボジョレーヌーボー銘柄6選
>> 「ボジョレーヌーヴォーって何?」名前の意味から製法まで解説します!
>> ボジョレー・ヌーボーは世界中で人気?日本は輸入量世界1位?